ぽっきんと 音がした   たわいない 言葉に つまずいて こころが おれてしまったんだ   あまりにも やわらかくて かたちがなくて 副木で 固定できないんだ   くっつくまで じっとしてなきゃ いけないんだ   それが なかなか うまくいかない ...

雑草のなかに  かくれていた  ちいさな  石の神様    あああ・・ ここに  だれかの  ねがいと  いのりがあった    それは  いつの時代の  どんな  ねがい  だったのか    時のながれの  彼方から  きこえてくる  せつない  すすり ...

    かなしみは ごっくんと のみこんだ ほうがいい   てにとって じっくりと ながめない ほうがいい   かなしみは ごっくんと のみこんだ ほうがいい   くちにふくみ あじわいを かみしめない ほうがいい   かなしみは ...

↑このページのトップヘ