ふとぶとと、いきりたったもの、 雨の日は、てっぺんが、みえない。   これから、しばらく、さわぎが、 おさまらないだろう。   世界で、いちばんのいきりたったもの、 そのおかしがつくられ、シャツに、それはプリントされ、 そのしたに、ひとびとが、あつまるだ ...

  ぼくはいつでも その空間の 入り口で ため息をつく   ぼくはいつでも その空間の 入り口で 妄想をする   そして自分を なぐさめている だれだって おなじなんだと   気にすることは ないって 気にすることは ないって   ぼくもいつでも その空 ...

この春ひとつ 別れがあった  俺には妻と 子供がいます  その人なんて 呼べばいいのか  会社の妻と 仮によびます  会社の妻と 付き合いはじめ  8年間も 過ぎ去っていた  会社の妻は とてもおしゃべり  生活感は まるで無かった  支離滅裂な 言葉並 ...

↑このページのトップヘ