すべての窓を、開けよう。
どんなに、さむくても、風を、いれよう。
 
ほこりを、ふきとろう。
ガラスを、みがこう。
ごみを、すてよう。
 
そうすると、空間が、はなしかけてくれる。
 
かなしみは、よごれない。
雪よりも、しろいかなしみが、こころを、
しゃきっと、させてくれる。
 
お湯を、わかして、お茶を、いれる。
湯気が、空間に、まう。
とても、はなやかだ。
 
さっきまでの、自分とは、ちがう。
しずかに、かんがえる。
この時間を、ひとりじめにする。
なんて、ぜいたくなんだろう。