いちばんの
しあわせは
夢のような
現実だとおもう
 
そのものではなく
現実そのものでもない
 
夢のような
現実なのだ
 
ほほを
つねってみる
夢じゃないのねと
つぶやく
 
夢みたいな
現実なんだ
 
でも
もしかしたら
現実みたいな
夢も
たのしいかも
しれない
 
そこのところが
よくわからない
 
ただ・・・
 
夢を
もちなさい
 
夢は
かならず
実現するからねと
いわれても
 
現実を
もちなさいとは
いわれない
 
夢はもつもので
現実はもたずに
そのへんに
たてかけて
おくものかも
しれない