虫たちが 
ないている 
8ビートでも 
16ビートでも 
ない 
 
かって 
きままに 
ここちよく 
ないている 
 
こっちで 
かん高く 
 
あっちでも 
負けじ心で 
より 
かん高く 
ないている 
 
どうも 
指揮者は 
いない 
らしい 
 
河原の 
土手は 
にぎやかだ 
 
いろいろな 
虫が 
ないている 
 
花ひとつ 
さいていない 
雑草の 
生い茂る 
なかで 
声の 
音色を 
きそっている 
 
ついつい 
視覚に 
まどわされて 
いきているが 
聴覚の 
はなやかさも 
いいもんだ 
 
ぼくは 
この 
殺風景な 
土手で 
春に 
負けない 
くらいの 
秋を 
たのしんでいる 
 
2時間30分も 
虫の 
コンサートに 
つきあって 
いる