さんまを 
上手に 
たべるひとが 
いる 
 
そのひとの  
たべ終わった 
お皿を 
みると 
まるで 
美術品だ 
 
頭と 
尻尾と 
骨が 
標本の 
ように 
お皿に 
のこっている 
 
こんなに 
きれいに 
たべられたら 
さんまも 
うれしいだろう 
 
秋を 
いとおしむ 
さんまの 
たべかた 
 
さんまを 
上手に 
たべるひとが 
いる 
 
そのひとが 
さんまを 
たべおえて 
テーブルから 
さっていく 
 
みょうな 
残像が 
ただよっている 
 
ミュージシャン 
みたいに 
かっこいいんだ 
 
おもわず 
アンコールって 
さけびたくなる