イメージ 1                                       写真・くいまる     
木洩れ日がいきものみたいに 
青葉に反射している季節に 
おんなは決心したのだ 
 
優柔不断で現実感のないおとこを 
すてようとすることを 
 
おんなにとって 
おとこのそうした部分がかわいくて 
ほかのおとこにはない感性のようにかんじていた 
 
だから10年以上も 
おとことくらしてきた 
 
おんなはかわった
年月がおんなをかえた 
 
おんなはかわるものだ
おとこはかわらないものだ
 
ある晴れた夏の日に 
かくれんぼをしようと 
おんなはおとこを森にさそった 
 
おんなはおとこと別れる手段に
かくれんぼをえらんだ 
 
おんなはおとこのジャンケンのくせをしっていた
いつも最初にグーをだすことを
 
ジャンケンをする
簡単におとこは鬼にきまった
 
おんなは木立の陰から 
そっとおとこをみていた 
 
おとこは右腕を両目にあてて 
数をかぞえていた 
 
おんなはさよならと 
つぶやいた 
 
おとこは数をかぞえつづけた 
 
おとこが目をあけたとき 
おんなは森に消えてゆく 
 
そしてそのとき 
おとこは鬼のまま 
おんなにすてられる