イメージ 1
                                                    
 
ほおづえをして 
空想にふける 
 
すべてのものから 
ときはなたれた 
この時間こそが 
ぼくのしあわせ 
 
かなしいことを 
空想すれば 
どこまでも 
どこまでも 
かなしくなれる 
 
たのしいことを 
空想すれば 
どこまでも 
どこまでも 
たのしくなれる 
 
かなしいこと  
たのしいこと  
えらぶのは 
ぼくの自由だ 
 
ただときどき
かなしいことばかり 
空想する 
 
その先に 
ぽっかりと 
穴があいたりする  
 
穴のむこうに 
すみきった青空がのぞき 
不思議に
こころが 
すみきってしまう 
 
かなしいことが 
たのしいことにかわる 
 
ただときどき
たのしことばかり 
空想する 
 
その先で
どしゃぶりの 
雨がふったりする 
 
ずぶぬれになって 
つめたくなって 
不思議に
こころが
ふるえてしまう 
 
たのしいことが
かなしいことにかわる 
 
ぼくの空想は 
ぎゃくの結果に
なってしまう  
 
自分でえらんだ
空想なのに 
きゃくに空想に 
おしつぶされたりする 
 
ぼくの空想は 
不完全な
部分がある 
 
まだまだ未熟な 
空想なんだと
おもうことがある 
 
線路の上を
うまく走る
電車のようには
いかない 
 
 
                                                                       (写真・くいまる)