「夢の島」   
                    詩・曲・唄・ギター・くいまる
 
海はよごれていたが
海のにおいがする
 
砂町南運河 
浜辺で老紳士
 
健康のためだよと
アサリをとっている
 
ハゼをつりあげるたび
ニヤリとわらっている
 
パンチパーマがにあう
すね毛の男たち
 
若洲橋午前9時
日差しがまぶしよ
 
しょうがないじゃない 
しょうがないじゃない
だってここは 夢の島
 
草がさわいでいる 
空にはヘリコプター
 
貯木場の丸太 
お昼寝白昼夢
 
すてられたドラム缶
ここにはもうないよ
 
広い駐車場を 
風がとおりぬける
 
社名入りのワゴン
太った営業マン
 
助手席の愛人と 
たわむれうかれてる
 
しょうがないじゃない 
しょうがないじゃない
だってここは 夢の島
 
新木場一丁目で 
芝生にねころんだ
 
すごく大きなトマト 
宙に浮かんでる
 
灰色の大空で 
まっ赤にテレている
 
今日はお疲れさま 
もうすぐ終わります
 
また頑張りましょう 
木材工場
 
放送が風にのり 
海へとはこばれる
 
しょうがないじゃない 
しょうがないじゃない
だってここは 夢の島
 
しょうがないじゃない 
しょうがないじゃない
だってここは 夢の島
 
夢の島・・・
夢の島・・・
 
 
                            (写真・くいまる)
 
 
イメージ 1