イメージ 1
 
 
ぼくは
ビルの片隅の
喫煙所で
たばこを
すっている
 
冬の
夕暮れの
北風を
背中に
うけながら
とても
つまらないことを
かんがえながら
たばこを
すっている
 
空を
みあげたら
北北西に
飛行機が
とんでゆく
 
どこへ
ゆくのだろう
 
ぼくの
目の前で
たばこを
すっていた
おじさんは
くしゃみをして
鼻を
すすった
 
ぼくは
あたまの上の
空の蒼さに
すいこまれそうだ
 
あの
飛行機の
なかにも
ひとが
のっていて
なにか
かんがえごとを
しているんだろうな
 
どこへ
ゆくのだろう
 
おなじ
時間に
おなじ
地球に
いきていても
ぼくと
飛行機のなかの
ひととの
おもいは
ずいぶん
ちがうんだろうな
 
いや
おなじかな
 
飛行機は
どこへ
ゆくのだろう
 
だれを
のせて
ゆくのだろう
 
ぼくは
もう
すこしで
一本分の
たばこを
すいおわる
 
飛行機も
あっというまに
空から
きえてゆく
 
どこへ
ゆくのだろう
 
どこへ
ゆくのだろ
 
ぼくも
これから
 
飛行機も
これから
 
どこへ
ゆくのだろう
 
どこへ
ゆくのだろう
 
 
                          (写真・くいまる)