イメージ 1
 
無機質な世界の
なかの灯り
夕暮れに向かう
静寂の中で
ぽつんとひとつ
命のように
ともっている
 
ぼくは左手で
くちびるを
さわってみる
すこし
かわいている
 
だれとも
はなさなかった
一日は
夜になってしまうだろう
 
無機質な世界の
なかの灯り
ぼくのこころを
みぬいているのか
ぽつんとひとつ
命のように
ともっている
 
 
 
 
 
 
(写真・くいまる)