イメージ 1
 
マグネットを
購入した
 
白い冷蔵庫の扉に
おぼえたばかりの
料理のレシピを
マグネットでとめた
 
冷蔵庫の扉を
みるたびに
おもわず
にやけてしまう
マグネットが
こっちを
みつめてる
 
ぼくらは
日常生活に
必要な
こまごました
品物に
つつまれて
いきている
 
そのこまごまと
したものが
いきいきしていれば
日常生活も
いきいきしてくる
 
社会も
おなじかな
ぼくも
雑貨の
ひとつなんだ
 
マグネットとぼく
雑貨と社会
関係のないふたつを
無理に理由をつけ
関係づけてるのかも
しれないけど
 
 
 
 
 
 
(写真・くいまる)