イメージ 1
 
からだの半分くらいを
水につかって
自分のからだをみると 
水面から上と
水中の部分が
ちがってみえる
 
それを
わすれては
いけない
 
見えかたのちがいを 
大切にしないと
いけない
 
いつも
おなじ見かた
ばかりを
していると
頭のなかが
かたまって
石頭
などと
いわれる
 
そうなると
もし頭から
水につかったら
ずぶずぶと
しずんで
窒息してしまう
 
それから
水面から上と
水中の部分では
体感温度がちがう
 
それも
わすれては
いけない
 
感じかたの
ちがいを
大切にしないと
いけない
 
いつも
おなじ感じかたばかりを
していると
感じているようで
なにも感じないこころを
もつことになる 
 
ここまで
ぼくは
見かた感じかたについて
はなしをしてみた
 
なんだ
だらないはなしだと
きみがおもったら
このはなしを
水に
がして
ほしい
 
 
 
 
 
 
(写真・くいまる)