イメージ 1


暗くて
寒くて
あてなどない
夜の道を
歩いている

暖かい
光に
おもわず
ありがとうを
いう

さみしがりやの
きみ
臆病な
きみ

かくれていないで
でておいで

ぼくらが
さがしていたのは
こんな
光なんだ

少人数の
声は
いつも
かきけされ

威勢の
いいひとたちが
行進を
つづけている

だから
そっと
よりそって

この
暖かい
光の下で
はなそう

ああよかった
ああよかった

こんなに
暖かい
光が
ここに
あった












(写真・くいまる)