イメージ 1


やりたいことは
やれたかな

ぼくの
おもいは
いまも
くすぶったまま

屋台を
つつむ
ビニールシート
雨の粒が
ながれおちる

ぼくは
左手で
グラスを
にぎりしめ

夜の空を
とんでいる

身軽になった
体は
自由自在に
おどっている

妄想酒場の冬の夜
妄想酒場の冬の夜

きみはあのまま
かわらない

ぼくの
おもいは
いまも
さまよいつづけて

屋台を
てらす
提燈の灯り
ぼくの居場所
しらせている

ぼくは
左手で
グラスを
にぎりしめ

夢の海を
およいでる

身軽になった
心は
波に浮かんで
気持がいい

妄想酒場の冬の夜
妄想酒場の冬の夜











(写真・くいまる)