イメージ 1


そこで
じっと
たたずんで
花を
さかせれば
道ゆくひとは
みんな
花をみて
うつくしいと
ため息を
つくだろう

それでも
自分の力で
水を
のみにゆくことは
できない

雨を
まつか
だれかに
水を
かけてもらう
しかない

そうなんだ
ぼくはひとだよ

動かないと
ぼくは
植物になってしまう

さきほころんだ
花々が
うつくしいと
今まで
おもいこんで
いたけれど
とても
かなしい
ことかも
しれない

せいぜい
できることは
太陽に
むかって
のびること
くらいだ

そうなんだ
ぼくはひとだよ

動かないと
ぼくは
植物になってしまう

とにかく
今すぐにでも
川下に
むかって
あるいたり

川上に
むかって
あるいたり

じっとしていては
いけない

風の力を
かりて
みるのも
いいし
鳥や虫や猫に
だって
動くものなら
なんでも
力を
かりれば
いいんだ

そうなんだ
ぼくはひとだ

動かないと
ぼくは
植物になってしまう

そうなんだ
ぼくはひとだよ

動かないと
ぼくは
植物になってしまう

イメージ 2










(写真・くいまる)