イメージ 1




「会社の妻」

詩・曲・唄・ハーモニカ ・くいまる
 


この春ひとつ 
別れがあった
俺には妻と 子供がいます
その人なんて 呼べばいいのか
会社の妻と 仮によびます

会社の妻と 付き合いはじめ
8年間も 過ぎ去っていた
会社の妻は とてもおしゃべり
生活感は まるで無かった
支離滅裂な 言葉並べて
自分の夢に 酔いしれていた

会社の妻と よく飯食った
深酒したら 愚痴もこぼした
ケンカをすると すぐに膨れて
その都度俺は たじたじしてた
ある時カーツと したことがある
歯ギシリしたら ほほをつねった

3月3日 午後11時
会社の妻は 疲れたという
はっきりしない 俺をきらった
自分の立場 嫌気がさした
からだの力 ふぅーと抜ける
来るべき時が やって来たんだ
沈黙だけが 長く続いた
3月なのに 寒いよるだった

4月のはじめ 晴れ渡った日
会社の妻は 旅立ってゆく
会社の妻を 駅まで送る
改札口で さよならをいう
人波だけが 押し寄せてきた
会社の妻の 背中が消えた

駅へと続く 坂川の土手
菜の花すごく 咲き乱れてる
いつもはただの どぶ川なのに
菜の花すごく 咲き乱れてる
俺の目からは 涙があふれ
涙ですべて 歪んで見える

さよなら会社の妻
さよなら会社の妻
さよなら会社の妻
さよなら会社の妻

この春ひとつ 別れがあった









(写真・くいまる)