イメージ 1


北国の畑でぼくらは生まれた
威勢のいいあんちゃんが
トラックにぼくらを詰め込んだ

ぼくらは町にやってきた
威勢のいいあんちゃんが
ぼくらを売りさばく

おたがいがおたがいを
傷つけあわないように
フルーツキャップを
かぶせられている

いつもおもうことだが
小さな世界に
おしこめられていると
いつだっておたがいに
傷つけあうことしかできなくなる

傷つけあうことさえなければ
フルーツキャップなんて
必要ないのに

なんだかそれをおもうと
いやな気持ちになる

威勢のいいあんちゃんの声が
こだまする
フルーツキャップをかぶって
ぼくらはならんでる











(写真・くいまる)