イメージ 1


ぼくが
ほしかったのは
かるいこころ

手のひらに
のせれば
ひゅーと
ふきとびそうな
かるいこころ

ひとごみを
すりぬる
かるいこころ

きみも
きっと
かるいこころを
ほしかったんだ

ぼくらは
坂道を
のぼった

夕暮れの
逆光線が
まぶしくて
目を
あけては
いられない

くすくす
わけもなく
わらいながら
のぼった

おもいつめた
きのうを
秋の風が
ずっととおくへ
はこんでゆく

はげしい
季節は
もう
おわったんだ

ぼくが
ほしかったのは
かるいこころ

きみが
ほしかったのも
かるいこころ

かるいこころ
かるいこころ











(写真・くいまる)