2012年12月

    「カモゾウさん つれていって」   「カモミ ついておいでよ」   「カモゾウさん どこへゆくの」   「ついてくれば わかるよ」   「しずかだね」   「そうだね」   「カモゾウさん どこへゆくの」   「ついてくれば わかるよ」   ...

    昨日から 明日へ ひとは 光を 通過して すすんでゆく   昨日は どんな 一日でしたか   記憶に 残るような 素敵な 一日でしたか   明日は どんな 一日に なるのかな   期待の もてるような 一日に なるのかな   光を 通過したこと ...

  「夢の島」                        詩・曲・唄・ギター・くいまる   海はよごれていたが 海のにおいがする   砂町南運河  浜辺で老紳士   健康のためだよと アサリをとっている   ハゼをつりあげるたび ニヤリとわ ...

    冬枯れは どこかに 威厳があって いいかげんな ぼくを せせら わらっている   だけど 寒くて ふるえてしまう  ソフトクリームは たべたくない   ミスマッチ ミスマッチ だから 前にも後ろにも すすめない   曇り空 みあげる 重厚なん ...

    ぼくらは ベンチに 腰をかけて あったかい 甘酒を飲んだ   街は にぎやかで どうやら 西洋の神様に 関係が あるらしい   ほとんどの 人が 四角い箱を ぶらさげて あるいている   西洋の神様の お誕生日に 箱のなかみの ケーキを みんな ...

↑このページのトップヘ