2012年12月

    ゆっくりゆっくり 舟をこぐ   意識がとおざかる   蝶は 空をとび 花のかおりが 風にのって やってくる   ぼくは 少年に 帰ってゆく   最終電車は いってしまった   次の 電車には のれません   ゆっくりゆっくり 舟をこぐ   意 ...

    かすかに ゆれている ブランコ   とまってはいない とまってはいない ゆれている   それは ぼくの こころに にてる   とまってはいない とまってはいない ゆれている   それは ぼくの こころの ねがい    ほら まるで 呼吸を し ...

    ああなんだ そうなんだ こうなんだ   そして 今日も 暮れてゆく   みんなどこへ みんなそこへ みんな明日へ   そして 今日は 暮れてゆく   信号の 赤で ブレーキを 踏みながら しばし 呼吸を 整えたなら   夕闇に つつまれる   ...

    冬の日の日差しは ありがたい   短い時間だけど ほっとする   もういなくなってしまった きみといっしょに いるみたいだ   あたたかいお茶を 口にふくみながら この時間が ながくつづいてほしいと ねがう   ときどき 自分のことを もてあ ...

    犬を一匹 つれてゆくよ   最後の たたかいに なるかもしれない   どんどんどんの どんだね   おおきな力に 刃向うこと   ひるんでは いけない   どんどんどんの どんだね   ぼくらは わすれようと している   どんど ...

↑このページのトップヘ