2013年04月

    上流はかなりの 雨がふっている   水かさがじょじょに 増してこわくなる   手をつなごう しっかりと   ながされては いけない   ひ弱な ぼくたちは こうして 身をまもる   たよりない太陽 しずみ夜がくる   ひとりではない ...

      点線に そって おりまげる そんなこと したくない   点線に そって きってみる そうすれば どうなるの   点線が じゃま いらないね それだけは いいたいな   点線は だれが かいたのか そのことを ききたいな   点線を つまみ ...

    千切りをする きみは 乱切りが できない   それでも 今夜 まな板を たたく とんとん とんとん たたく   乱切りをする きみは 千切りが できない   それでも 今夜 まな板を たたく とんとん とんとん たたく   サラダに する ...

    穂坂先生が 小学校のちかくの 小高い丘に クラスのみんなを つれてきた   春のひざしの あたたかい とても気持ちの いい日だった   丘には小さな木が たっていた 根もとには すみれの花が さいていた   穂坂先生は この丘を 今日か ...

    なんだか どんどん あるきたい この道 まっすぐ あるきたい   どこまで ゆくのか わからない だけども どんどん あるきたい   とまって しまうのが こわいから とまって しまうのが こわいから   もうすぐ 暗闇 やってくる そ ...

↑このページのトップヘ