2013年10月

  光が はなしかけてきた 闇は どうでしたかと   ぼくは 笑みをうかべて こわかったですよ という   小雨が ふっていますね   ぬれてしまいますよ   いいんです ぬれても あるきたいのです   光のなかを あるくことが どんなに うれしいこと ...

  ぽっきんと 音がした   たわいない 言葉に つまずいて こころが おれてしまったんだ   あまりにも やわらかくて かたちがなくて 副木で 固定できないんだ   くっつくまで じっとしてなきゃ いけないんだ   それが なかなか うまくいかない ...

  かたむいたから もれっちゃった   もれちゃったものは なにかな   かすかな 希望かな   かがやく 未来かな   かたむいたから もれちゃった   もれちゃったものは なにかな   目にはみえない 大切なもの   においもしない だいじなもの ...

  階段の まんなかに 腰をおろして かんがえる   いや 階段の いちばん上に 腰をおろして かんがえる   それとも 階段の いちばん下に 腰をおろして かんがえる   まてよ 腰をおろして かんがえた ほうが いいのか   やっぱり 腰をおろさな ...

  あなたのいちにち わたしのいちにち いま きょうの いちにちがおわる   いちにちは あなたにも わたしにも 平等に 配分されている   いかのいちにち くじらのいちにち いま きょうの いちにちがおわる   いちにちは 海のいきものに 平等に ...

↑このページのトップヘ