2014年01月

  きみの背中を すーっと 汗がながれて ゆく   ほつれた髪の 一本が くっついている   きみの背中を みながら ぼくは ため息を つく   つぎのステージが 終わったら また すぐに 旅にでるのと きみがいう   ぼくも 旅について ゆきたいな   ...

    自分を 確認するには 他人の存在が 必要だ   他人がいるから 自分がいる   もし 無人島で ひとりぼっちでいたなら 鳥や虫や魚を 相手にして 自分が そこにいることを たしかめるのだろうか?   ありがとう ばかなやつだ いいひとね だめな ...

    ねえ つきとめたり しないでおくれ ぼくには隠れ家が 必要なんだよ   ぼくは隠れ家で 手足をのばし ぼんやりしながら よこたわっている   鉄板にはじける 雨の音をききながら 空想するのが すきなんだよ   壁紙がぼろぼろでも かまわないんだ ...

    お友だちの苔太さんが ぼくの詩(2014年 1月10日)に曲をつけてくれました。 そして、苔太さんが、歌っています。 とても素敵な曲とボーカルそしてアレンジです  きいてください。     「こころ」         詞・くいまる  曲・演奏・歌・苔 ...

    ど根性 ど助平 ど阿呆   れみふぁそらし れみふぁそらし   どぬき   根性 助平 阿呆   ど真面目 どけち ど薄情   れみふぁそらし れみふぁそらし   どぬき   真面目 けち 薄情   どまんなか どぎつい どでかい   れみふ ...

↑このページのトップヘ