2016年10月

ノーベル文学賞の 価値が どのくらいのものか ぼくには わからない ボブ・ディランが ノーベル文学賞に えらばれた ノーベル文学賞を うけとるのか うけとらないのか きになる ボブ・ディランの 話しは ともかくとして ボディラインの 話になると ...

どの時代に 生まれたかで 生きかたは 変わると おもう ただ 生まれるものに 時代を えらぶことは できない そんなことを 今日の 朝は かんがえた (写真・くいまる) ☆ ...

ああ 今日も くれゆく ああ 光は こぼれて 西側の 窓から ああ ひとりの 時間が ああ しずかに すぎゆく 自然光 やさしく いのりを ささげたい 明日が 今日よりも いい日で ありますように ありきたりな 願いだけど ありきたりな ...

ぼくは 路地の 入口で 先の方を みながら ずっと 昔に かいた ラブレターの ことを おもいだした やはり かくべきでは なかったと くやんでいる すきだったけど すきと いわないほうが よかった あの まがりかどの さきには なにが あるのだ ...

おおきく 腕を ぐるぐる まわす それを みていた だれかが 元気に なる 言葉は かならずしも 音声や 文字だけでは ない みぶりや てぶりも 言葉だ 風に かすかに ゆれる 花びらも 言葉だ 心に ひびく 言葉を ありがとう ...

↑このページのトップヘ