2017年12月

せっせせっせと 貯えた 思い出 飲まずに喰わずに 貯えた 思い出 夏の日も冬の日も 貯えた 思い出 思い出に 利息がついて さらに殖えた 思い出 でも 思い出を 引き出せない 思い出銀行の 暗証番号を わすれてしまった 思い出通帳の 印鑑 ...

あたまのなかで モザイクが ぴかぴかひかって ねむれない とてもしずかな夜 車 一台 とおらない 猫も なかない 犬も ほえない 虫も とばない でも あたまのなかで モザイクが ぴかぴかひかって ねむれない おどろかない 不安にならない 軽蔑し ...

気分はどうですか アンバランスな 綱渡りを 今日もつづけて いるのでしょうか? いつまでたっても こない電車を いつもの駅で まちつづけて いるのでしょうか? もうしわけないけど 気持ちがいいんだ 温泉気分で 体は かっか かっかと 燃えている ...

冬の東京湾は 鉛色 中心部分が 少し 白っぽい なにやら あやしい ガラスのびんが いっぱい 波間に ぷかぷか うかんでいる ガラスのびんには ひとが つめこまれ ぼくも つめこまれて いるんだ 赤いりぼんの ついたびんには 女の子が つめられ ...

できも しないことを できると いつまでも しんじて いるのかな 自信を なくしたり みょうに 自信 たっぷりに なったり ときどき 自分を もてあます 黒いコートの 女が あるいてゆく ぼくも うしろを ついてゆく 冬の ひぐれは とても ...

↑このページのトップヘ